台風の影響は風くらいで、涸沼はほとんど雨は降っておりません( ;∀;)







最近はほぼほぼファシャッドしか投げてないんですよね(笑)






その理由は飛距離が出るってのと、巻き速度が比較的早いのでサーチの手返しが早い。河川、沼問わず使用頻度が高いんです。






そんなファシャッドシリーズを投げ倒していますが、巻き速度についてちょこちょこ質問を受けるので今回はリトリーブ速度の動画を添えてワタクシ的な考えも織り交ぜながら説明しようかなと思います。







状況やシチュエーションに合わせたリトリーブ速度が必要ですが、今回はシャローフラットの広がる涸沼本湖での操作スピードです。



ベイトの群れが固まってなくボイルもない場合やサーチベイトとして広範囲を探る場合のボトムを意識したリトリーブ速度です。






ボトムを一旦とってから、根掛かりしない程度の速度で巻いていきますが、ロッドのポジションで任意でレンジを刻むようにしています。

基本少し立て気味で巻くようにしています。








(出演は高橋Pです(笑))














ボイルがあり、ベイトが追われている状況において大量のベイトの下でシーバスにルアーを発見してもらう事が先ず第一です。

その為、リアクション気味に誘ったりします。ストップ&ゴーを織り交ぜたりファシャッドのファットなボディによる強めのS字スラロームをわざと発生させてイナッコの塊の下にいるシーバスに存在をアピールさせるように心掛けています。


グリグリ〜ピタッ、グリグリ〜ピタッ、と繰り返していると止めた瞬間にひったくるようなバイトが出ます。

(出演は高橋プロww)










あとは諦めずに投げ続ける事が一番の要素ですが(笑)

ベイトの大きさや量、場所で90S、100F.S、120Sと使い分けてみてください。



それと、それぞれ可変巻きのバリエーションを試してみるのも面白いかと思います。


この状況ではこの巻きがバイト出やすいとかそれぞれあると思うので新たな発見を探してみて下さい!







この魚はベイトボールより少し離れた所を探り、中層ただ巻きでガツンと喰ってきました!


FullSizeRender





70upゲット!!









FullSizeRender







その後朝マズメまで頑張ったんですが、釣れないボイルを堪能(笑)




かなりのボイルにも関わらず掛けられないのだから自分でも下手だな〜と思いましたね(汗)





高橋さんは確りキャッチしてましたけど^^;




IMG_0277


数は入ってたけど群れが小さかった感じですね






残り連休もあと3日、良い釣りが出来たらいいなぁ〜(´∀`*)







ではm(__)m