2018年03月






先週の夜勤明けにいつものように川見て帰った時のこと






大量の鵜が溜まっている場所にそっと近づきバードウオッチングしてたんですよね(笑)





あいつら利口だからちょっとでも人間の気配感じると一斉に飛び立っちゃうんでこっそりとw











IMG_1680


ほらね!飛んでっちゃったでしょ?(笑)



観察中は多分、傍から見たらかなり怪しいおっさんだったんじゃないかとw






で、何を喰ってくるのかを見たくて、隠れながら観察しました!





予想ではコノシロとサヨリ。







毎年桜が咲く頃に産卵の為に海から遡上し涸沼を目指すこの二種の魚。毎年言ってるんですが、コイツらに付いたシーバスがデカいんで、そのタイミングがオイラがメバルからシーバスにシフトする転換期とでも言っておきますか(笑)






ダイブして浮上した鵜が咥えていたのがコノシロ!

予想通り喰っていたのがコノシロとわかったので先週辺りからシーバス狙いにシフトして動き始めました。





その内の2回の釣行はまんまとホゲw






数日前にコノシロが刺すポイントにエントリーすると、コノシロよりもイナッコの大軍が遡上を開始していて、手に負えない状況(汗)




涸沼も見てみると第一陣のイナッコは既にベイトボールを形成していて、仕事帰りに立ち寄ったホンの一瞬のタイミングでそこそこのサイズのボイルも確認!!








ここ数日暖かい日が続いたのでベイトにつられてシーバスも一気に入って来てる感じです。


桜も茨城町は七分咲き。週末には満開に近くなるかと思われます。
こうなるとやっと涸沼水系も開幕です!

FullSizeRender







本日仕事が休みだったので昨夜は深夜の上げ地合いに久しぶりにガッツリやって来ました。気持ちは毎度の如く河川なので涸沼はスルーして涸沼川をランガンスタイルです。









上げ潮に乗って遡上してきコノシロを探すもイナッコに覆い尽くされた河川はコノシロパターンも通用するはずもなく…









千鳥のノブ風に一言でツっ込むと






多っ!







参っちゃう事に今年初のボイルも10発以上確認しちゃった位にしてw

完全にイナッコパターンw





サイズ的には50〜80クラス。イナッコ付きの喰い方で3月なのにハイシーズンの涸沼を思わせる状況。






がしかし、あの手この手の策も見事綺麗にハマらず(笑)







ノーバイトで終了でした。情けない( ;∀;)
けど、シーバスが入った事が確認出来ただけでもやる気が起きるし、新たな発見にも繋がるので結果オーライかと(笑)





それぞれ価値観や考え方はアングラー千差万別!
ぶっちゃけ、個人的な意見では、イナッコは今の状況では河川にいてほしくないんですw

早いとこ涸沼に入って貰いたいのが本音。イナッコパターンは涸沼がハイシーズンになったら嫌でもやらなくてはならないじゃないですか?

茨城のコノシロパターンは春から初夏まで。
その短いタイミングで如何に効率良くランカーを狙うかが面白く、奥深いんです。タイミングさえ抑えてしまえば高確率で80〜90クラスが出ますから。





あくまでも個人的な考えです^^;










そしてリアルタイムですが、さっき下げ止まりで振ってきましたよ(・∀・)










2時間半やって











2ヒット













2バラシ(笑)













イナッコパターンなんで今春発売されたプエブロ ギラモンスター126F







完全にルアー姿勢がダウンに入った所でぬーっと重くなり、アワセ叩き込むも一瞬重くなりバシャッと水面割ったのみ( ;∀;)









暫くして同じコースを流すと更に下流でゴン!







っと明確なバイト!







エキスパートAGS97Mもしっかりとバットまで入り、アワせた瞬間にロッドに伝わる重量感から間違いの無いサイズだったんですが、コレまた水面割って水飛沫上げたのみ…






アイタタタ…(涙)







惜しかったな、2回もチャンスあったのに捕れませんでした( ;∀;)

喰いが浅く活性もイマイチだったのかな?

IMG_1809



水面に出きらないボイルが数回。前日の深夜の上げ潮の方が遥かにボイルが多かったので、群れの入り次第でしょうが…

海水温と共に涸沼の水温もぐんぐん上がって来ているので上げ下げ関係なしにシーバスの活性が上向きになってくるのではと思います。





今回は残念でした。シーズン一発目のシーバスを見事なまでにバラすと今年のシーバス運が危ぶまれますw




と言うわけで、次は捕りますよ!










あっスm(__)m



















Newルアーの紹介です!



DAIWAからまた新たにミノープラグがリリースされました。






FullSizeRender

morethan ウインドストーム135F/S





DAIWAのミノープラグはラインナップが非常に多く、アクション、サイズ、レンジ等、入る隙が無いほどですが、痒い所に手が届くと言うか届き過ぎ(笑)とでも言いますか…




百戦練磨な現場実釣主義の有名テスター、モニターの方々の想いが理想の形となって次々にリリースされます。ユーザーは全て追いかけたら追い付きません(汗)なんつって(笑)


シーバスのエキスパート逹が日頃の釣行の中から試行錯誤して時間を掛けてリリースされたルアーは、間違いの無い物だと思いますが、全てが全て売れ続ける訳ではないのが現状です。


昨今のリリースされてるルアーは10年前の物とは偉い違いです。各メーカーの最先端技術が注ぎ込まれてる訳ですから釣れて当たり前なんです。けど、それだけではダメなんですよね。飛距離、飛行姿勢、スイム安定性、トラブルレス、カラーラインナップ、価格…etc.


息の長いルアーってその全てが平均的に優れてるんですよね。



何だか話しが逸れていきそうなので、軌道修正してウインドストームについて少し書いてみます




IMG_1684



夜勤明けに小一時間ばかり投げ込んでみました












  • アクション

パッケージに表記されています
FullSizeRender

ヌメヌメタイトウォブンロールw

ヌメヌメですw

正にヌメヌメです。
ショアラインシャイナーZバーティス120Fはキビキビとしたウオブンロールなんですが、アクションの質は似てるがまた違った動きです。言ったらZバーティス120SSRに近いかな。





IMG_1696
左からZバーティス120F、Zバーティス120SSR、ウインドストーム135


リップはかなり小さめです。速い流れの中でもバタつかず泳ぎ切る性能はリップの小ささが物語っていますね。





実際、高速巻でも破綻せず泳ぎ切ってくれました。



この小さいリップからの見た目から想像すると、この手のルアーはどアップでキャストして流すと流れに負けて水面引波系で返って来ることがあるんですけど、いざアップにキャストし、そのままウエイトも戻さずスローに巻き始めてみました。






無理なジャークでウエイトを戻さなくても内部構造が優れているからなのか…あら優秀w

確りとダイブしてヨタヨタと泳ぐではありませんか!!ここかなり大事なんですよ!

アップでキャストすると流れに押される形になるので確りと水を噛ませてからじゃないと泳ぎ出しが悪くなってしまいます。


ですが、ウエイトを故意に戻す同作は一切必要なく、何度やっても直ぐにダイブして泳ぎだしました。水噛みはピカイチです。


スイム安定性は抜群でした。
こんなにリップが小さいのに…不思議〜(笑)

要は止水域の涸沼本湖でも使用可能って事です。

それとジャーク!涸沼でボラの塊の中で目立たせるジャーキングですが、ジャークしてテンションが抜ける一瞬に右へ左へスライドします。

この抜きのタイミングのポーズ時に喰ってくる事が多いのでその時に発生するスライドアクションは更なる武器になると思います!










  • レンジ



深行レンジはシンキングタイプで約20~50cm
フローティングタイプで水面下~約40cmと記されてあります。

Z120と140は約30cm~120cm

実際使用してみるとZ120の方が140よりも深く潜ります。ボディサイズが大きい140の方が浮力が強いからなのかなと勝手な解釈をしていますが。
ウインドストームのレンジはZ120F、140Fより上です。

IMG_1690

上からZバーティス120F、ウインドストーム135S、F、Zバーティス140F

3種を交互に投げました。投げ比べです。

レンジを上から刻むならZバーティス120SSR→ウインドストーム135F→Zバーティス140F→Zバーティス120Fでしょう。

ウインドストーム135のシンキングは任意でレンジコントロール出来るのでここでは省きましたが、スローシンキングでも沈下速度はファシャッドより若干遅いくらいです。主観ですが沈下速度は遅い部類に入ると思います。ピンポイントに送り込んで流してもロッドポジション次第でリーリングしなくても一定レンジをキープ出来るでしょう。











  • 飛距離

ウエイト表記はフローティングで22.2g、シンキングで24.3gです。

Z140で25.6gなのでウインドストームのシンキングはほぼ大差ないですね。実際飛行姿勢も安定していてZ140に近いくらいの飛距離が出ました。因みにフローティングの方はZ120と同じ位でした。






  • まとめ


ひやMAN的には主に河川のドリフトゲームに使用します。
これからの涸沼川は光り物(コノシロ、コハダ、サッパ、サヨリ。寿司ネタかw)パターンが熱くなってきます。

今まで好んで使っていたZシリーズ120SSRの下レンジを更に135mmのサイズアップでアピールさせる感じで使っていこうと思っています。
それとアクションの質で喰い方に違いが出るかも検証出来たらなと思います。




ぶっちゃけ、まだシーバス釣ってないので掛けるまではノーローテでウインドストーム縛りで投げ続けるでしょうがw






近々、一発ランカー狙いで投げ込んでみたいと思います!








あっスm(__)m





暖かい日も増えてきて春はもうすぐそこですね。 如何お過ごしですか? 


 ドリフのいかりや長介風のコメントから失礼します。どうも二週間ぶりのひやMANですwこんにちは(笑) 





 先週は気温も20℃を越える日があり、海水、河川水温も徐々に上がってきているのでそろそろ入って来てるかなとちょこちょこと河川を見てはいるものの… 目当てのベイトの姿は確認出来ていないです。 






 去年の今頃は涸沼川本流にも既に目当てのベイトは入って来ていたが、ベイトの入り具合含め、昨年が茨城のシーバスは全体的に早かっただけで今年は例年通りだと前回も伝えた通りだと思われます。 





 行ける時、狙えるベストタイミングが重なった時は河川に足を運び短時間だが数回、シーバスロッドを振りました。 上げ下げ共に流れが動くタイミングと止まるタイミング。





そのタイミングに釣りが出来る時間があった時だけの調査なので、薄っぺらい情報にしかならないですが、現場に立たなければ何も分からんですし、釣れなくても数多く足繁く通った人には敵いませんからね。 







 やっぱり現場ありきです 





 で、そんな深夜のタイミングに久しぶりのバイト! 途中シーバスじゃない気がしたんですが、やっぱりその予想通りw






IMG_1641



去年はあまり投げなかったバイブレーション!今年は見直して投げる頻度を高めようと思います。

ニゴイですけど60後半から70近い魚体でした!

エキスパートAGS97Mは入魂ならず(笑)

余裕で寄ってしまいました(笑)引かなかったな(笑)






その後翌日も仕事帰りにちょこちょこと河川はチェックしています…






そろそろなんだけど…まだだな…時間の問題かと!後少しでしょう!











で、やはりメバリング





自分の中での尺メバル狙いはもう少し続きますよ!





ドライブクロー2インチのSALTカラーが案外売ってなくて、田口さんとこの上州屋にはあるって聞いたので


IMG_1652


2つ購入。まだ数個残ってます(笑)気になる方お早めに!

ドラクロは尺メバル、クロソイ、アイナメ、めっぽう強いです!













昨夜、ポイントに着いて探っていくと案外早く結果が出たので大潮だし、久しぶりに連発?な〜んて期待してはいかんです


IMG_1660


結構引いたのでデカいメバルキタ━(゚∀゚)━!と思ったらクロソイでした(;・∀・)







FullSizeRender


後少しで40cm

このサイズになるとメバルタックルではちょっと焦りますな(笑)
でもぶっこ抜けちゃうタックルなんで余裕っちゃ余裕なんだが…







買ったばかりのドラクロよりも先に投げたガルプのインチホッグ1.5にヒットしてしまいました(笑)結果オーライ^^;







そろそろ本腰入れてシーバスやらないとなと思っているけど、メバル狙ってるようじゃまだまだひやMANもダメです(;・∀・)





そのうちまた書きますm(__)m






あっスm(__)m








 








3月に入り、ぼちぼちシーバスの方も視野に入れつつという訳で、河川の状況確認は怠ってません












週末の大潮のタイミングでバチの散らかり具合の確認を












会社帰りの涸沼本湖








満月大潮、流石涸沼抜け散らかってますw

IMG_1451

写真ではそう感じませんが、長いヤツで20cm以上、30cm近く有ります!


ただね、なーんにも付いてないの。マルタのもじりすらない。




河川も覗いてはみたものの、流されるデカいバチが喰われる様子も感じられず。

マルタのライズリングも無かったような…
ほんの数分間なんで判断しきれない部分はあるけど、なんかまだシーバスっ気が薄い?相変わらずセイゴは元気みたいだが…




去年のイメージではもう釣れてもおかしく無いけど、今年は水温まだ低いですからね。例年通りっていうか、通常営業に戻ったとでもいうのか。毎年バチ抜けににまともなシーバスが付くのは3月中盤から4月。楽しめるのは後少し先かなと。










で、やはり渋いながらのメバルゲームへ










水曜日が有休消化日だったので、火曜の深夜





IMG_1437


ドンコと




IMG_1445

25cm

ボトム狙いのシェイクで







表層でライズもあったので照らすとシャケっ子のようなサバの幼魚のようなのがチラホラと。
巻でも釣れるかなとビームスティック2インチで攻めると手のひら小サイズがヒット!




魚影が薄いのは何時もの事で、コレばっかりは場所と地域的な物かと(笑)









土曜日はまさかのホゲ(笑)

あっ、セイゴ1匹釣ったっけ(;・∀・)











昨夜は定例の夜勤前釣行。日曜日深夜はアングラーが極めて少ないのでやりやすいです。








テトラに陣取り先ずは水面下からカウント入れながら横の釣りで探って行くも何もなし(´Д`)

甲殻類からチアユのようなベイトフィッシュに意識を変えていく時期でもあるので巻の釣りも視野に入れて…







でもアタリ無く結局はボトム狙いのダウンショッドでネチネチと








シェイク&ポーズを繰り返すとコツンとバイト!











タメを作ってからフッキング後に一気にリフト!ドラグが滑る!デカい!









足元を十分に注意してテトラから一気にぶっこ抜くキタ👆━(゚∀゚)━👆!






IMG_1546
IMG_1551

あれ( ;∀;)クロソイかぁ


34cmのクロソイでしたw
















下げの潮止まり迎え場所移動







めぼしいポイントにてボトムを意識すると突っつき系のバイト









ロッドはギューんと絞られ首を振る感触!

直ぐアイナメと分かりぶっこ抜きするもリフトが足らず堤防の角にラインが触りブレーク!そしてぼっちゃーんw

惜しかったなぁ( ;∀;)

40位のアイナメよさらば( ;∀;)










深夜を回り、上げ潮もしっかりと効いてきた頃合に最初の立ち位置に戻りキャスト再開






下げ潮では食わなかったが上げ潮では?









やっぱりボトム








シェイク&ポーズでゆっくり攻めて…








ツッーンとバイト!










フッキングも決まりファイト開始!

ドラグも滑りパワーファイター!

やべっ、テトラに擦れる(汗)




で、アタフタしながらも


これまたぶっこ抜く!







IMG_1571







イイのキタ━(゚∀゚)━!









IMG_1567

31cm越え






っシャー!

キタコレ👆━(゚∀゚)━👆!














IMG_1581


狙って攻めた1匹にマジ満足感!卍(゚∀゚卍)






地合いかと…






IMG_1584
IMG_1589

24cm程を追加









これから釣れそうな予感はしたが時間も終了間際になったのでラインブレークと共に終了としました。







やっぱりメバル釣りは楽しっ!















あっスm(__)m










↑このページのトップヘ