タグ:#ウインドストーム135














丁度、家を出れるタイミングとタイドグラフが上手いこと下噛み合い、下げ潮の美味しいタイミングだったので釣れていない河川へ懲りずにGo!












ここ数日は雨降ったり風強かったりと気候が安定しないけど、湖面鏡の月明かりビカビカよりは釣れる気がするってもんです^^;









時期的にもコノシロに付いたランカーが釣れてもおかしくないんですが、パッとしません。







夜中の上げ潮のタイミングしかまともに見れていなかったので下げ潮の塩梅は?

下げ三分くらいにエントリー出来るのは久しぶりです。








涸沼川は相変わらず濁ってて、代掻き混じりの水色です。ベイトは何かしらが居る気配はするけどボイルはありません。









しばらくすると上流からベイトがピチャピチャと音を立てながら下ってきた!












サッパだ!!






これだけ纏まったサッパの群れは今年初!

コノシロも混じってる!







コレはもらったでしょう^^













ウインドストーム135Sをアップに投げて早めのリトリーブを数回







ボイルは無かったがサッパに付いて一緒に下ってきたのか?それともそこにずっと居てベイトが通過したことによりスイッチが入ったのか?








サッパがテンパリだしたタイミングでガツンとヒット!!











IMG_3454


サイズ的にはコノシロを意識してそうだけど、早めのリトリーブとシルエットが運良く目立つてくれたみたいです!




FullSizeRender



サイズは可もなく不可もなく、な75cm

いいんです!満足です!^^;











すぐにルアーチェンジしてシャローアッパー125へ



アップクロスからの少し早めリトリーブ!先程と似たコースを通すと








IMG_3464



45cmくらいのがヒット!





コイツが今喰ったばかりのサッパを吐き出した!






写真を撮ろうと手のひらにのせ…






IMG_3463

あら、おっこっちゃったwww

ピチピチだもんで、シャッター押す瞬間に落下(笑)
サイズは8~9cmってところでした。


90越えのサイズを狙うなら間違いなくコノシロ付きだけど、型は出なくとも数釣りが出来るのがサッパ。

ただサッパが入ってるのにシーバスの数がサッパりですw




まだ流れもあり雰囲気は悪くない。けどその後バイト無く、1時間以上粘ったがパッとせず…





ここを見切り帰りに涸沼へ













夜中2時。後1時間だけと決め目当てのポイントへ


ちなみにコノシロは涸沼本湖で確認済み。嫁さんと夕方少しやったがシーバスは入って来なかった。





コノシロが居たポイントとは別のエリアを選択すると、イナッコがボトムに定位し何かに追われ逃げ惑うと水面を滑走!







もしやとファシャッド100Sをボトムまで沈め、強弱付けて早めのリトリーブを繰り返す









ベイトが散るタイミングに合わせてルアーを通すとごぐっと抑えこまれ涸沼にて珍しくヒット!






そこそこのウエイト感がロッドに伝わったが、フッと軽くなりバラシてしまった。







こりゃリベンジしなければなるまいなと思い時間となったので帰宅となりました。








大型連休もあと2日。GWは毎年良い釣果に恵まれないでいます( ;∀;)








やれるだけやってみます(・∀・)











あっすm(__)m













一旦、リセットです




負のスパイラルから抜けたくてこの雰囲気をリセットしたく個人的不調な涸沼水系を横目に稚鮎絡みの那珂川へ

涸沼が釣れて無いんじゃなくて俺が釣れないだけなんですけどねw









道無き道を行くためには俺のボロ車では無理( ;∀;)








つ〜事で







城里町の大自然で育まれ、










那珂川の清らかな水を飲んで育ったw?










鰻が鼻の穴から今にも飛び出してきそうな、










那珂川マスター、








北野かな?










東野かな?









西野カナ?











4輪駆動の軽トラ出して〜と依頼(笑)













突撃してきました(・∀・)







今回は鰻釣りは封印してもらい、珍しくシーバスオンリーStyleですw






地合いを把握している彼からは早めに来れるなら来てと言われていたんですが、そうそうは都合がつかず頑張っても20時着。その旨を伝え、20時過ぎに彼宅に着き、タックルを軽トラにぶち込みいざトライ!








車で突き進みがさやぶを掻き分け現着すると、『ひやまくん、下やりな』の一言





釣れてない自分を気遣ってか?それとも余裕なのか?







遠慮なく下流側にエントリーさせてもらう。











河川での回遊待ちの釣りは下に入れば入る程チャンスが多い訳でして、何故なら遡上してくる群にいち早く発見してもらえるから。居着きのピン狙いでなければ大体下流から釣れ始まる事が多い。







彼から50m程下流でキャストをスタートすると、数発、稚鮎を喰っているであろうポシュとした捕食音が聞こえ始める











今週も居る!








ここで良心とは裏腹、したたかなひやMANはボイルした事を言わない(笑)
俺、最低だwww






最近のホゲ続きの負のスパイラルがそうさせたのか、スケベ根性が先走り我先に釣ってやろうの見え見えの魂胆である(笑)








上流側からは『雰囲気ねーな』の声w







先に釣ってやる!!!








と、その矢先









西『きたど〜』の声








マジすかwww

完全にヤラレタ( ;∀;)









スケベ根性が裏目に出てしまいました。釣りでも何でも素直な姿勢が一番なんですね

IMG_2219




IMG_2229



稚鮎絡みの那珂川でこの時期にモンスターウェイク156(テストカラー)







IMG_2220

一年ぶりのシーバスにシーバスを辞めた彼もまんざらでは無いこの表情^^









魚は居ることは分かった。ボイルしたことを事後報告するが気にも止めてない様子で、

『今年1年分のシーバスを釣った』とふざけた事を吐かしている始末w


1匹釣って満足したのか、タバコを咥えながら
『早く釣りな〜』の言葉は胸に深く刺さる(涙)







自分の立ち位置に戻りキャスト再開。

減水気味の河川は浅くキャストして半分も巻くとボトムノックしてしまうので、ロッドを立てて回収。そんな事を繰り返していると回収中にゴチンと何かがスレてヒット。上げるとデブデブと太ったマルタでした。






陽が沈んでからの地合いの居残りだったのか、西野さんの1匹を最後に暫くボイルも聞こえなくなりそこから2時間近くお互いNOバイト。
気温も下がってきて肌寒さも増してきたが、この後夜中の地合いが来るのを知っているので休憩を挟みながら場を休める。









遠くでポンっと音がしたので、腰を上げ二人キャスト再開。





すると上流から









ヤイヤイヤイーーーーの声が!!!









バシャバシャ〜と水面が割れ河原の石がジャリジャリと音が聞こえる方へ向かうと









またかよ(-᷄◞८̻◟-᷅)






IMG_2231





モンスターウェイク156F




IMG_2245


これまた70アップ

ヤイヤイヤイーーーーってw


大間のマグロ漁師『山本さん』かっwww









クロスウェイク90、111投げれば捕れそうなのはもう分かりきってた。

SLS-Zバーティス120SSRも間違いない。






でもウインドストーム135Fも効く筈と投げ続ける








西『来たよ〜!!バレたーw』とまたまた上流から聞こえ(´Д`)



数分後





IMG_2249



またまたまたモンスターウェイク156(怒) 







IMG_2252


なんちゅー顔してんねんwww

オイシイ表情が尚更悔しいwww




群が刺して来たっぽく、サイズもまとまって60後半から70半ば






ってか、










神がかってんすけどw





そもそも稚鮎絡みに何故にモンスターウェイクなのかはブログ読んでくれている方なら理解して頂けるかと思います。

稚鮎は
IMG_2246

モンスターヒッター156と比べるとサイズ差が比較になりません。けど、稚鮎も喰いながら目の前にベイトが流れてくれば何でも喰ってしまう。

那珂川のシーバスはそれだけ素直なんです。涸沼はイナッコがメインで尚且つベイト量が半端ない。那珂川はベイトの数は多くはないけど種類が豊富なのでシーバスも偏食せず臨機応変に多種にわたって捕食しているのでしょう。鮎のサイズにマッチさせた攻め方でも釣れるのでしょうし、目立たせても釣れる。目立たせたモン勝ちなのでモンスターウェイクなのだと…








千鳥のノブ風に言ってやりましたw





『もう釣るなぁっ』



って



写真を撮りやる気の無い彼は長靴で来ているので(ヴェーダ無いらしい)水に入って蘇生も出来ず代わりに蘇生代行をしてあげ再度自分の立ち位置へ


同じピンで数発捕食している所の数メートル上にキャストしミノーを馴染ませる









ゴッ!とバイト!

やっとこキタ━(゚∀゚)━!









久しぶりのシーバスにデカいか?って思ったんですが
IMG_2260
IMG_2262
IMG_2264


73cm

十分満足です!
モアザン ウインドストーム135F

やっと出ました( ;∀;)



その後同ルアーでワンバイト。シャローアッパー125の不夜城にてヒットするもアワセ決まったが抜けてしまいました







IMG_2276
IMG_2279


彼は4本目をキャッチ

結果

ひやMAN 
3バイト1キャッチ

ウインドストーム135F、シャローアッパー125F
 
西野さん 
5バイト4キャッチ

全てモンスターウェイク156F






ルアーチェンジを一切しない?
迷いが無い。ストイック?

何故ルアーチェンジしなかったかを彼に問うと…









IMG_2286

なんだよ、コレwww

ルアーが無いので迷う必要がなぁーい(笑)

西『モンスターとスカしっぺデザインのマグロのやつとZ140しか持ってきてねっ(・∀・)』






ベイトロッドは?


IMG_2283

ベイトロッドはね、アブのドンタコスじゃなくてタコス何とかっっつ〜タコエギロッドwww

リールは1マソポッキリのABUのベイジギ用のタコ用にと昨日買ったやつw






1年間ほぼシーバスやらなかったおじさんにタコタックルで釣り負けましたw


何だかよくわからなくなってきましたw




相変わらず











クセが強い〜www





後味悪くこの辺で締めさせて頂きます(笑)




アッスm(__)m












Newルアーの紹介です!



DAIWAからまた新たにミノープラグがリリースされました。






FullSizeRender

morethan ウインドストーム135F/S





DAIWAのミノープラグはラインナップが非常に多く、アクション、サイズ、レンジ等、入る隙が無いほどですが、痒い所に手が届くと言うか届き過ぎ(笑)とでも言いますか…




百戦練磨な現場実釣主義の有名テスター、モニターの方々の想いが理想の形となって次々にリリースされます。ユーザーは全て追いかけたら追い付きません(汗)なんつって(笑)


シーバスのエキスパート逹が日頃の釣行の中から試行錯誤して時間を掛けてリリースされたルアーは、間違いの無い物だと思いますが、全てが全て売れ続ける訳ではないのが現状です。


昨今のリリースされてるルアーは10年前の物とは偉い違いです。各メーカーの最先端技術が注ぎ込まれてる訳ですから釣れて当たり前なんです。けど、それだけではダメなんですよね。飛距離、飛行姿勢、スイム安定性、トラブルレス、カラーラインナップ、価格…etc.


息の長いルアーってその全てが平均的に優れてるんですよね。



何だか話しが逸れていきそうなので、軌道修正してウインドストームについて少し書いてみます




IMG_1684



夜勤明けに小一時間ばかり投げ込んでみました












  • アクション

パッケージに表記されています
FullSizeRender

ヌメヌメタイトウォブンロールw

ヌメヌメですw

正にヌメヌメです。
ショアラインシャイナーZバーティス120Fはキビキビとしたウオブンロールなんですが、アクションの質は似てるがまた違った動きです。言ったらZバーティス120SSRに近いかな。





IMG_1696
左からZバーティス120F、Zバーティス120SSR、ウインドストーム135


リップはかなり小さめです。速い流れの中でもバタつかず泳ぎ切る性能はリップの小ささが物語っていますね。





実際、高速巻でも破綻せず泳ぎ切ってくれました。



この小さいリップからの見た目から想像すると、この手のルアーはどアップでキャストして流すと流れに負けて水面引波系で返って来ることがあるんですけど、いざアップにキャストし、そのままウエイトも戻さずスローに巻き始めてみました。






無理なジャークでウエイトを戻さなくても内部構造が優れているからなのか…あら優秀w

確りとダイブしてヨタヨタと泳ぐではありませんか!!ここかなり大事なんですよ!

アップでキャストすると流れに押される形になるので確りと水を噛ませてからじゃないと泳ぎ出しが悪くなってしまいます。


ですが、ウエイトを故意に戻す同作は一切必要なく、何度やっても直ぐにダイブして泳ぎだしました。水噛みはピカイチです。


スイム安定性は抜群でした。
こんなにリップが小さいのに…不思議〜(笑)

要は止水域の涸沼本湖でも使用可能って事です。

それとジャーク!涸沼でボラの塊の中で目立たせるジャーキングですが、ジャークしてテンションが抜ける一瞬に右へ左へスライドします。

この抜きのタイミングのポーズ時に喰ってくる事が多いのでその時に発生するスライドアクションは更なる武器になると思います!










  • レンジ



深行レンジはシンキングタイプで約20~50cm
フローティングタイプで水面下~約40cmと記されてあります。

Z120と140は約30cm~120cm

実際使用してみるとZ120の方が140よりも深く潜ります。ボディサイズが大きい140の方が浮力が強いからなのかなと勝手な解釈をしていますが。
ウインドストームのレンジはZ120F、140Fより上です。

IMG_1690

上からZバーティス120F、ウインドストーム135S、F、Zバーティス140F

3種を交互に投げました。投げ比べです。

レンジを上から刻むならZバーティス120SSR→ウインドストーム135F→Zバーティス140F→Zバーティス120Fでしょう。

ウインドストーム135のシンキングは任意でレンジコントロール出来るのでここでは省きましたが、スローシンキングでも沈下速度はファシャッドより若干遅いくらいです。主観ですが沈下速度は遅い部類に入ると思います。ピンポイントに送り込んで流してもロッドポジション次第でリーリングしなくても一定レンジをキープ出来るでしょう。











  • 飛距離

ウエイト表記はフローティングで22.2g、シンキングで24.3gです。

Z140で25.6gなのでウインドストームのシンキングはほぼ大差ないですね。実際飛行姿勢も安定していてZ140に近いくらいの飛距離が出ました。因みにフローティングの方はZ120と同じ位でした。






  • まとめ


ひやMAN的には主に河川のドリフトゲームに使用します。
これからの涸沼川は光り物(コノシロ、コハダ、サッパ、サヨリ。寿司ネタかw)パターンが熱くなってきます。

今まで好んで使っていたZシリーズ120SSRの下レンジを更に135mmのサイズアップでアピールさせる感じで使っていこうと思っています。
それとアクションの質で喰い方に違いが出るかも検証出来たらなと思います。




ぶっちゃけ、まだシーバス釣ってないので掛けるまではノーローテでウインドストーム縛りで投げ続けるでしょうがw






近々、一発ランカー狙いで投げ込んでみたいと思います!








あっスm(__)m





↑このページのトップヘ